産経フォト

茨城で航空機パネル発見 成田、全日空機から落下か

ニュース

茨城で航空機パネル発見 成田、全日空機から落下か

更新 sty1709270010
茨城県稲敷市で見つかった航空機のパネルを確認する全日空の関係者=27日夜、成田空港 茨城県稲敷市で見つかった航空機のパネルを確認する全日空の関係者=27日夜、成田空港
茨城県稲敷市で見つかった航空機のパネルを確認する全日空の関係者=27日夜、成田空港
画像を拡大する
茨城県稲敷市で見つかった航空機のパネルを確認する全日空の関係者=27日夜、成田空港フルスクリーンで見る 閉じる

 27日午前11時ごろ、成田空港を発着する航空機の飛行ルートに当たる茨城県稲敷市江戸崎の会社敷地内で、航空機のパネルが落ちているのが見つかった。国土交通省と全日空は、全日空機から落下した可能性が高いとみて確認を進めている。見つかったパネルを確認した全日空の整備士は取材に「形状、色、材質に類似性がある」と話した。
 国交省成田空港事務所によると、同空港を発着した全日空機から7日から8日にかけ、脱出用シューターを収納する同じ部分のパネルが2度脱落している。
 部品は台形の板状で、長い辺が約60センチ、短い辺が約30センチ、高さ約150センチ、重さ約3キロの白色。現場は成田空港から北西に約20キロで、B滑走路に到着する航空機の飛行ルートに当たる。会社が地元消防などを通じて同事務所に届けた。
 航空機のパネルを巡っては、23日に関西空港を離陸したオランダ・アムステルダム行きKLMオランダ航空機から落下したパネルが、大阪市内を走行中の乗用車を直撃する事故が起きた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング