産経フォト

8K映像、星空くっきり 福岡市科学館オープンへ

ニュース

8K映像、星空くっきり 福岡市科学館オープンへ

更新 sty1709260016
報道公開された福岡市科学館のプラネタリウム=26日午後 報道公開された福岡市科学館のプラネタリウム=26日午後
報道公開された福岡市科学館で、無重力訓練を体験する関係者=26日午後
画像を拡大する
報道公開された福岡市科学館で、無重力訓練を体験する関係者=26日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 福岡市科学館が同市中央区の商業施設内に完成し、10月1日のオープンを前に、26日に報道機関に内部が公開された。8K相当の超高画質で星空を再現するプラネタリウムがあり、暗闇に約40万個の星がくっきりと浮かび上がった。九州大大学院(福岡市)を修了した宇宙飛行士若田光一さんが名誉館長を務める。

報道公開された福岡市科学館のプラネタリウム=26日午後
画像を拡大する
報道公開された福岡市科学館のプラネタリウム=26日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 科学館は九州大六本松キャンパス跡地に26日に開業したJR九州の再開発ビル「六本松421」の3~6階に入り、総占有面積は約1万平方メートル。
 プラネタリウムは6階にあり、直径25メートル、高さ15.5メートル。暗闇の中、オリオン座やオーロラ、天の川が次々に映し出されると、無数の星に囲まれたような感覚になる。
 宇宙、生命などをテーマにした常設展では、来館者が操作できるデジタルサイネージ(電子看板)があり、無重力訓練の体験もできる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング