産経フォト

台風18号、九州上陸 西日本を縦断、大荒れに

ニュース

台風18号、九州上陸 西日本を縦断、大荒れに

更新 sty1709170010
台風18号の影響で、高波が打ち寄せる宮崎県日向市の海岸=17日午後3時18分 台風18号の影響で、高波が打ち寄せる宮崎県日向市の海岸=17日午後3時18分
台風18号による雨で増水した赤谷川=17日午前、福岡県朝倉市(宮沢宗士郎撮影)
画像を拡大する
台風18号による雨で増水した赤谷川=17日午前、福岡県朝倉市(宮沢宗士郎撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 大型の台風18号は17日午前11時半ごろ、鹿児島県南九州市付近に上陸し、北東へ進んだ。九州や四国で猛烈な雨が降るなど、西日本を中心に大荒れの天気になった。台風は中四国や近畿を暴風域に巻き込んで日本海に抜け、18日は東北や北海道に接近、再上陸する恐れがある。土砂災害や河川の氾濫、暴風に厳重な警戒が必要だ。
 気象庁によると、17日午後2時半までの1時間に、レーダーによる解析雨量で、大分県津久見市で約120ミリ、佐伯市で約110ミリの雨が降った。大分県によると、河川氾濫を警戒するため、佐伯、津久見、臼杵の3市が計約2万4千世帯の6万人近くに避難指示を出した。
 大分、高知、宮崎の各県で1時間に80ミリ以上の猛烈な雨を観測。河川が増水しており、氾濫の危険性が高くなっている。
 台風は今後、速度を上げながら西日本を縦断して日本海に抜けるとみられ、18日は東北や北海道に接近、19日には、オホーツク海で温帯低気圧に変わる見通し。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング