産経フォト

宇野昌磨が319・84点 自己ベスト更新しV 未知の領域へ挑戦 ロンバルディア杯

スポーツ

宇野昌磨が319・84点 自己ベスト更新しV 未知の領域へ挑戦 ロンバルディア杯

更新 sty1709160022
 男子フリーで演技する宇野昌磨=ベルガモ(共同)  男子フリーで演技する宇野昌磨=ベルガモ(共同)
 男子フリーで演技する宇野昌磨=ベルガモ(共同)
画像を拡大する
 男子フリーで演技する宇野昌磨=ベルガモ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 フィギュアスケートのロンバルディア杯は16日、イタリアのベルガモで行われ、男子フリーでショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は214・97点をマークし、合計319・84点で優勝した。フリー、合計とも昨季の世界選手権で出した自己ベストを更新した。
 昨季の世界選手権銀メダルの宇野は、実戦で初めて4回転サルコーを着氷するなど、5度の4回転ジャンプは全て成功させた。

平昌五輪へ向けて順調な第一歩

 未知の領域へ挑戦し、優勝した。今季の宇野はフリーに5度の4回転ジャンプを組み込む。「フリーに関しては練習でもできていないことが多い」と手探り状態の中でも、平昌五輪へ向けて順調な第一歩を踏み出した。

 男子フリーで4回転ループを跳ぶ宇野昌磨=ベルガモ(共同)
画像を拡大する
 男子フリーで4回転ループを跳ぶ宇野昌磨=ベルガモ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 冒頭のジャンプは迷った末、4回転ループに決めた。さらにサルコー、フリップ、トーループも。演技前の6分間練習は「やるジャンプが多いのですごく大変。一度つまずくと全部できない」と新たな難しさも抱える。それでも「そんなに焦らなくていい。シーズンは長い」と自信を胸に、冷静に演技に挑んだ。
 「練習はおろそかにしていないが、どういう演技になるかは分からない。今の自分を確認したい」と語って臨んだ大会。しっかりとまとめてみせた。(共同)

 男子フリーで演技する宇野昌磨=ベルガモ(共同)
画像を拡大する
 男子フリーで演技する宇野昌磨=ベルガモ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 男子フリーで演技する宇野昌磨=ベルガモ(共同)
画像を拡大する
 男子フリーで演技する宇野昌磨=ベルガモ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 男子フリーの演技を終え、笑顔の宇野昌磨=ベルガモ(共同)
画像を拡大する
 男子フリーの演技を終え、笑顔の宇野昌磨=ベルガモ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 男子フリーで自己ベストを更新し、笑顔の宇野昌磨=ベルガモ(共同)
画像を拡大する
 男子フリーで自己ベストを更新し、笑顔の宇野昌磨=ベルガモ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング