産経フォト

高性能爆薬を使用か ロンドン地下鉄テロ、18歳男拘束 負傷者30人に

ニュース

高性能爆薬を使用か ロンドン地下鉄テロ、18歳男拘束 負傷者30人に

更新 sty1709160016
 15日、ロンドンの駅を警備する警察(AP)  15日、ロンドンの駅を警備する警察(AP)
 15日、ロンドンの地下鉄パーソンズ・グリーン駅で、地下鉄車両内に置かれ、内部にある物から火が上がるバケツ。ソーシャルメディアの投稿写真(SYLVAIN PENNEC氏提供・ロイター)
画像を拡大する
 15日、ロンドンの地下鉄パーソンズ・グリーン駅で、地下鉄車両内に置かれ、内部にある物から火が上がるバケツ。ソーシャルメディアの投稿写真(SYLVAIN PENNEC氏提供・ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 ロンドン地下鉄車両内で15日起きたテロで、16日付の英紙タイムズは治安当局の情報として、爆発した手製の爆弾には5月の中部マンチェスターの自爆テロや2015年のパリ同時多発テロで使われた高性能爆薬と似た爆薬が含まれていると報じた。 英メディアによると、警察当局は16日、テロ容疑で18歳の男を南東部ドーバーで拘束した。実行犯かどうかは不明だが、警察は「重要な拘束」と説明。捜査や警戒は続行するとしている。負傷者は30人に増えたが重傷者はいない。(共同)

高性能爆薬は「悪魔の母」 タイマー使用か

 爆弾は完全に爆発しなかったとみられ、専門家は作り方などに失敗した可能性を指摘している。状況次第ではさらに深刻な被害が生じていたとみられる。高性能爆薬は「悪魔の母」の異名を持つ「TATP(過酸化アセトン)」。過激派組織「イスラム国」(IS)が用いることで知られる。
 また、今回の爆弾はタイマーを使用した時限爆弾だった可能性が浮上。ISが声明を出した最近の欧州のテロにはなかった新たな形態との見方も出ている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング