産経フォト

雨の中、だんじり疾走 大阪・岸和田

伝統・文化

雨の中、だんじり疾走 大阪・岸和田

更新 sty1709160010
大阪府岸和田市で始まった「岸和田だんじり祭」 =16日午前(鈴木健児撮影) 大阪府岸和田市で始まった「岸和田だんじり祭」 =16日午前(鈴木健児撮影)

 勇壮さで全国に知られる大阪府岸和田市の「岸和田だんじり祭」が16日、台風18号の影響で雨が降る中、2日間の日程で始まった。

大阪府岸和田市で始まった「岸和田だんじり祭」 =16日午前(鈴木健児撮影)
画像を拡大する
大阪府岸和田市で始まった「岸和田だんじり祭」 =16日午前(鈴木健児撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 午前6時ごろ、各町のだんじりが小屋を出発する「曳き出し」でスタート。岸和田地区22台、春木地区12台が、次々と街へと繰り出した。

 まもなく降り始めた雨は時間がたつにつれて強さを増したが、屋根の上では花形の「大工方(だいくがた)」がうちわを手に軽やかに舞い、辻々を勢いよく直角に曲がる「やりまわし」を披露。沿道を埋め尽くした見物客からは拍手と歓声がわいた。

 17日にはだんじりが市内3神社に入る「宮入り」が行われる予定。警報が発令されれば、曳行(えいこう)の判断は、各町の祭礼関係者で決めるとしている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング