産経フォト

松山は14打差の47位 米男子ゴルフ第2日

スポーツ

松山は14打差の47位 米男子ゴルフ第2日

更新 sty1709160006
 第2ラウンド、17番でティーショットを放つ松山英樹。通算2アンダーで47位=コンウェーファームズGC(共同)  第2ラウンド、17番でティーショットを放つ松山英樹。通算2アンダーで47位=コンウェーファームズGC(共同)
 第2ラウンド、9番でバーディーを決め、声援に応える松山英樹。通算2アンダーで47位=コンウェーファームズGC(共同)
画像を拡大する
 第2ラウンド、9番でバーディーを決め、声援に応える松山英樹。通算2アンダーで47位=コンウェーファームズGC(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 米男子ゴルフのプレーオフ第3戦、BMW選手権は15日、イリノイ州レークフォレストのコンウェーファームズGC(パー71)で第2ラウンドが行われ、56位で出た松山英樹は5バーディー、2ボギーの68をマークし、通算2アンダーの140で47位とした。トップとは14打差。

 マーク・リーシュマン(オーストラリア)が64で回り、通算16アンダーで首位を守った。ジェーソン・デー(オーストラリア)とリッキー・ファウラー(米国)が3打差の2位で並んだ。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング