産経フォト

祇園にバブル再び? 「マハラジャ」復活21年ぶり、お立ち台も登場

エンタメ

祇園にバブル再び? 「マハラジャ」復活21年ぶり、お立ち台も登場

更新 sty1709140009
約21年ぶりに復活した「マハラジャ祇園」。舞妓も登場した=13日夜、京都市東山区(寺口純平撮影) 約21年ぶりに復活した「マハラジャ祇園」。舞妓も登場した=13日夜、京都市東山区(寺口純平撮影)
約21年ぶりに復活した「マハラジャ祇園」=13日夜、京都市東山区(寺口純平撮影)
画像を拡大する
約21年ぶりに復活した「マハラジャ祇園」=13日夜、京都市東山区(寺口純平撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 バブル期などに人気を集めたディスコ「マハラジャ祇園」が13日、京都市東山区の祇園会館で営業を再開した。約21年ぶりの復活。フロアには「お立ち台」がお目見えし、当時の人気メニュー「ハニートースト」も提供。訪れた客らは華やかだった当時の再現を懐かしんだりしていた。

約21年ぶりに復活した「マハラジャ祇園」=13日夜、京都市東山区(寺口純平撮影)
画像を拡大する
約21年ぶりに復活した「マハラジャ祇園」=13日夜、京都市東山区(寺口純平撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

「マハラジャ」は1980年代に全国展開されたディスコで、祇園の店舗は平成8(1996)年の閉店まで“東洋一”と呼ばれる旗艦店だった。

 復活となるこの日の午後8時の開店時には約120人が列を作った。午後7時ごろから先頭で待っていたという京都市の女性会社員(48)は「久々のマハラジャ。きょうは踊りまくりたい」と笑顔を見せた。

約21年ぶりに復活した「マハラジャ祇園」が入る祇園会館=13日、京都市東山区(寺口純平撮影)
画像を拡大する
約21年ぶりに復活した「マハラジャ祇園」が入る祇園会館=13日、京都市東山区(寺口純平撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 新たに生まれ変わった今回の店舗は、当時とは別の運営会社が展開。外国人観光客を意識し、日本酒を提供したり、舞妓(まいこ)や忍者らのショーが楽しめたりする。

 営業は水~土曜日の午後8時~翌日午前2時ごろ。入場料(税込み、ドリンク券付き)は男性3千円、女性2500円。 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング