産経フォト

岐阜・長良川に恋の季節 サンショウウオが繁殖期

生き物

岐阜・長良川に恋の季節 サンショウウオが繁殖期

更新 sty1709060002
 長良川の支流・板取川で呼吸のために水面に浮上し、反転して巣穴に戻るオオサンショウウオ=4日、岐阜県美濃市  長良川の支流・板取川で呼吸のために水面に浮上し、反転して巣穴に戻るオオサンショウウオ=4日、岐阜県美濃市
 長良川の支流・板取川の川底を移動するオオサンショウウオ=4日、岐阜県美濃市
画像を拡大する
 長良川の支流・板取川の川底を移動するオオサンショウウオ=4日、岐阜県美濃市フルスクリーンで見る 閉じる

 岐阜県美濃市の長良川中流域で、世界最大の両生類で国の特別天然記念物オオサンショウウオが“恋の季節”を迎えている。繁殖用の巣穴を巡って激しく争うオスたち。ひんやりとした秋口の川で、熱いバトルが繰り広げられている。

 本来は夜行性のオオサンショウウオだが、8月末から9月の繁殖期前から昼間も活動する。繁殖用の巣穴を巡り、オス同士が争いながらメスを待つ。メスが巣穴で産卵後、戦い抜いたオスは幼生が巣立つまで見守る。

 4日、長良川の支流・板取川に記者が潜った。水深3.5メートルの川底は水温19度。流れの穏やかな場所にある巣穴から体長1メートルを超える巨体がゆらゆらと体を左右に振って浮上し、呼吸のため水面に顔を出した。反転すると、川底の岩へ。小さな足を動かし巣穴に戻っていった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング