産経フォト

仙台-金沢を直通運転 北陸新幹線のE7系

鉄道

仙台-金沢を直通運転 北陸新幹線のE7系

更新 sty1709040006
 金沢までの直通運転のため、JR仙台駅を出発する北陸新幹線用の車両=4日午前  金沢までの直通運転のため、JR仙台駅を出発する北陸新幹線用の車両=4日午前
 金沢までの直通運転のため、JR仙台駅に入線した北陸新幹線用の車両=4日午前
画像を拡大する
 金沢までの直通運転のため、JR仙台駅に入線した北陸新幹線用の車両=4日午前フルスクリーンで見る 閉じる

 仙台-金沢を直通運転する北陸新幹線用のE7系車両が4日午前、仙台駅を出発した。北陸や長野で観光を楽しんでもらおうと、JR東日本と西日本が昨年に続き企画した。1往復限定。

 ホームには電車好きの親子連れらが駆け付け、仙台駅では見慣れないE7系車両が姿を見せると歓声が上がった。「いってらっしゃい」と書かれた横断幕をJR東の社員が掲げ手を振って見送る中、午前10時半すぎ、金沢に向け出発した。乗客は事前予約した約600人。東北新幹線を東京方面に進み、大宮で北陸新幹線の路線に乗り入れて金沢に向かう。所要は約4時間で、途中停車駅は福島、長野、富山など。6日に金沢-仙台の復路を直通運転する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング