産経フォト

宇宙滞在最長の女性帰還 665日、米の記録更新

ニュース

宇宙滞在最長の女性帰還 665日、米の記録更新

更新 sty1709030020
3日、カザフスタンの草原に着陸し、宇宙船から運び出されるペギー・ウィットソンさん(AP) 3日、カザフスタンの草原に着陸し、宇宙船から運び出されるペギー・ウィットソンさん(AP)
 地球への帰還を間近に控え、国際宇宙ステーション内で笑顔を見せるペギー・ウィットソンさん(左)ら(NASA提供・共同)
画像を拡大する
 地球への帰還を間近に控え、国際宇宙ステーション内で笑顔を見せるペギー・ウィットソンさん(左)ら(NASA提供・共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 米国人の宇宙滞在最長記録を更新した米航空宇宙局(NASA)の女性飛行士ペギー・ウィットソンさん(57)が2日夜、国際宇宙ステーションからロシアのソユーズ宇宙船に乗り、中央アジア・カザフスタンの草原に帰還した。滞在日数は665日となり、これまでの米国最長の534日を大幅に上回った。

3日、カザフスタンの草原に着陸し、宇宙船から運び出されるペギー・ウィットソンさん(AP)
画像を拡大する
3日、カザフスタンの草原に着陸し、宇宙船から運び出されるペギー・ウィットソンさん(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 宇宙船から運び出されたウィットソンさんは笑顔を見せながらスタッフと会話したり、出迎えた人に手を振ったりした。

 ウィットソンさんは、昨年11月に3回目のステーション長期滞在を開始。今年5月には10回目となる船外活動を行い、米メディアによると計60時間21分の活動時間は、歴代第3位の長さ。4月には2回目の船長に就任、2回の船長は女性初だった。(ワシントン共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング