産経フォト

LA、世界最短の鉄道再開 「ラ・ラ・ランド」で人気

鉄道

LA、世界最短の鉄道再開 「ラ・ラ・ランド」で人気

更新 sty1709020017
 米ロサンゼルスで運行が再開された「エンジェルス・フライト」=1日(共同)  米ロサンゼルスで運行が再開された「エンジェルス・フライト」=1日(共同)
 米ロサンゼルスで運行が再開された「エンジェルス・フライト」=1日(共同)
画像を拡大する
 米ロサンゼルスで運行が再開された「エンジェルス・フライト」=1日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 米ロサンゼルスで、1901年に誕生し、2013年から止まっていた「世界最短の鉄道」と呼ばれるケーブルカー「エンジェルス・フライト」が2日までに運行を再開した。人気ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」の1シーンで使われて脚光を浴びたこともあり、多くの観光客や市民でにぎわっている。

 中心部ダウンタウンで住宅や高層ビルが並ぶ小高い丘までの約91メートルを結び、料金は1ドル(約110円)。乗っている時間もあっという間だが、ケイナ・スネルさん(19)は「映画で見た通りだ」とうれしそう。ディーン・レーガンさんは「街の歴史の一部。再開を待ちわびていた」と話す。(ロサンゼルス共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング