産経フォト

北方領土で対日戦勝式典 択捉、国後で軍人パレード

ニュース

北方領土で対日戦勝式典 択捉、国後で軍人パレード

更新 sty1709020014
 2日、北方領土・択捉島の中心集落、紗那(ロシア名クリーリスク)で行われた軍人らのパレード(島民提供・共同)  2日、北方領土・択捉島の中心集落、紗那(ロシア名クリーリスク)で行われた軍人らのパレード(島民提供・共同)

 ロシアが第2次大戦の事実上の対日戦勝記念日とする2日、サハリン州などロシア極東で記念行事があった。北方領土の択捉島や国後島でも、軍人らによるパレードや島民の集会が行われた。

 2日、北方領土・択捉島の中心集落、紗那(ロシア名クリーリスク)で行われた式典に参加する島民ら(島民提供・共同)
画像を拡大する
 2日、北方領土・択捉島の中心集落、紗那(ロシア名クリーリスク)で行われた式典に参加する島民ら(島民提供・共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 択捉島の中心集落、紗那(ロシア名クリーリスク)では島民ら約500人が集まり行進。年金生活者のイーゴリ・チジョフさん(61)は「戦死者を忘れないために、今日の記念日は重要だ」と話した。国後島でも、記念碑への献花や軍人パレードがあった。

 ロシアは2010年に、2日を「第2次大戦終結の日」と法制化した。北方領土やサハリンなどへのソ連軍侵攻を「軍国主義日本からの解放」と位置づけている。(ウラジオストク共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング