産経フォト

C130輸送機、大分空港へ 緊急着陸のオスプレイ整備

ニュース

C130輸送機、大分空港へ 緊急着陸のオスプレイ整備

更新 sty1708310010
 大分空港に駐機したままの米軍のオスプレイを展望デッキから見る人たち=31日午前、大分県国東市  大分空港に駐機したままの米軍のオスプレイを展望デッキから見る人たち=31日午前、大分県国東市
 29日に緊急着陸後、大分空港に駐機したままの米軍のオスプレイ=31日午前、大分県国東市
画像を拡大する
 29日に緊急着陸後、大分空港に駐機したままの米軍のオスプレイ=31日午前、大分県国東市フルスクリーンで見る 閉じる

 防衛省九州防衛局は31日、米軍新型輸送機オスプレイが緊急着陸した大分空港(大分県国東市)に、米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)からC130輸送機が同日午後7時半ごろ到着する見通しだと大分県に伝えた。オスプレイの整備が目的とみられる。
 県などによると、米軍はエンジン交換が必要だとしており、深刻なトラブルの可能性もある。31日午前に整備のため航空機で工具を搬入予定だったが、取りやめになっていた。
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のオスプレイ1機は29日午後6時34分、大分空港に緊急着陸した。米軍は当面、駐機する見通し。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング