産経フォト

新型N-BOXを発表 ホンダ、全車に安全装備

自動車

新型N-BOXを発表 ホンダ、全車に安全装備

更新 sty1708310009
ホンダの新型軽乗用車「N-BOX」カスタム=31日午前、東京都港区南青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」(酒巻俊介撮影) ホンダの新型軽乗用車「N-BOX」カスタム=31日午前、東京都港区南青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」(酒巻俊介撮影)
ホンダの新型軽乗用車「N-BOX」。ミニバン並に広いドア開口部=31日午前、東京都港区南青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
ホンダの新型軽乗用車「N-BOX」。ミニバン並に広いドア開口部=31日午前、東京都港区南青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 ホンダは31日、全面改良した主力の軽自動車「N-BOX」を発表した。2代目となる新型は、先進安全技術を全車に取り入れた。安全性能に対する利用者の意識が高まる中、装備の充実で競争力を一段と高める狙いだ。
 新型車は、高級車などに導入している安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備した。自動ブレーキに加え、ホンダ車として初めて、後方への誤発進を防ぐ機能を搭載。車体を軽量化し、広い室内空間を確保したほか、走行性能も高めた。

ホンダの新型軽乗用車「N-BOX」のインテリア=31日午前、東京都港区南青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
ホンダの新型軽乗用車「N-BOX」のインテリア=31日午前、東京都港区南青山の「Hondaウエルカムプラザ青山」(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 初代「N-BOX」は2011年12月の発売。軽自動車の年度別の新車販売台数で4回首位となり、ホンダの国内販売の約3割を占める。人気車種の新型投入で、軽自動車市場の回復に弾みがつきそうだ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング