産経フォト

ハリケーン被害、拡大懸念 米南部、ダムで計画放水

ワールド

ハリケーン被害、拡大懸念 米南部、ダムで計画放水

更新 sty1708290007
 28日、米テキサス州ヒューストンで、大型ハリケーン「ハービー」に伴う洪水から避難する車椅子の女性(ロイター)  28日、米テキサス州ヒューストンで、大型ハリケーン「ハービー」に伴う洪水から避難する車椅子の女性(ロイター)
 28日、米テキサス州ヒューストンで、大型ハリケーン「ハービー」による洪水に見舞われ避難する人々(AP)
画像を拡大する
 28日、米テキサス州ヒューストンで、大型ハリケーン「ハービー」による洪水に見舞われ避難する人々(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 【ニューヨーク共同】大型ハリケーン「ハービー」に襲われた米南部テキサス州では降雨が28日も続き、ワシントン・ポスト紙電子版によると、当局者は死者が8人に増えたもようだと語った。市内全域が洪水に見舞われたヒューストンでは、自宅屋根に避難した人などの救助作業が続いているが、雨はさらに数日間続くとみられ、被害拡大が懸念されている。

 米陸軍工兵隊は同日、ヒューストン北西部にあるダム2カ所で決壊の恐れがあることから、計画放水を開始。下流の市内中心部で洪水が拡大する見通しとなった。

 風雨は隣接するルイジアナ州など東方向に移動している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング