産経フォト

離島奪回想定し火力演習 陸自、東富士演習場

自衛隊・ミリタリー

離島奪回想定し火力演習 陸自、東富士演習場

更新 sty1708270004
 静岡県の東富士演習場で行われた陸上自衛隊の「富士総合火力演習」=27日  静岡県の東富士演習場で行われた陸上自衛隊の「富士総合火力演習」=27日

 陸上自衛隊による国内最大規模の実弾射撃演習「富士総合火力演習」が27日、静岡県の東富士演習場で始まった。敵に占拠された離島を奪回する想定で、陸海空3自衛隊が統合作戦を行う様子を公開。多くの観客が集まった。

 自衛隊は中国の東シナ海進出などを警戒して南西諸島防衛に力を入れている。隊員約2300人が参加し、実弾約36トンを使った実戦に即した訓練をすることで、即応力を高める狙いがある。

 陸上自衛隊の「富士総合火力演習」で射撃訓練する10式戦車=27日、静岡県の東富士演習場
画像を拡大する
 陸上自衛隊の「富士総合火力演習」で射撃訓練する10式戦車=27日、静岡県の東富士演習場フルスクリーンで見る 閉じる

 演習ではさまざまな射程の銃やヘリコプター、戦車からの射撃や離島に接近する敵を攻撃、偵察して火力で奪回する手順を披露。2017年度末に新設予定で、南西諸島への攻撃に備える水陸機動団の主力装備である水陸両用車や、機動性に優れた機動戦闘車も展示された。

 静岡県の東富士演習場で行われた陸上自衛隊の「富士総合火力演習」=27日
画像を拡大する
 静岡県の東富士演習場で行われた陸上自衛隊の「富士総合火力演習」=27日フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング