産経フォト

カラオケで「出発進行!」 京急電鉄の車内を再現

鉄道

カラオケで「出発進行!」 京急電鉄の車内を再現

更新 sty1708250001
 運転士役と車掌役で「鉄道カラオケ」を楽しむ京急電鉄の担当者=東京・品川  運転士役と車掌役で「鉄道カラオケ」を楽しむ京急電鉄の担当者=東京・品川
 網棚やつり革などを配置して客席らしく仕上げた「KEIKYU車内体感ルーム」=東京・品川
画像を拡大する
 網棚やつり革などを配置して客席らしく仕上げた「KEIKYU車内体感ルーム」=東京・品川フルスクリーンで見る 閉じる

 京浜急行電鉄の運転席や客席を再現した室内でカラオケができる「京急電鉄カラオケルーム」が、東京・品川の「ジョイサウンド品川港南口店」に登場した。電車の運転席から撮影した映像に合わせ、車内アナウンスなどのテロップを読み上げる「鉄道カラオケ」を何倍も楽しめる部屋として、鉄道ファンを中心に好評だという。

 本物そっくりの運転席に座れる「リアル運転士・車掌体感ルーム」=東京・品川
画像を拡大する
 本物そっくりの運転席に座れる「リアル運転士・車掌体感ルーム」=東京・品川フルスクリーンで見る 閉じる

 鉄道カラオケは、ジョイサウンドが昨年4月から京急電鉄など鉄道4社とコラボして配信している“オリジナル曲”。運転手による「出発進行!」などの声出し確認や、車掌のアナウンスが車窓からの映像とともにテロップ表示される。

 実際の車両で使用されていたドアの開閉スイッチ。自由に押せる機会はめったにないという=東京・品川
画像を拡大する
 実際の車両で使用されていたドアの開閉スイッチ。自由に押せる機会はめったにないという=東京・品川フルスクリーンで見る 閉じる

 鉄道カラオケの1周年を機に企画されたのが、本物そっくりの運転席に座れる「リアル運転士・車掌体感ルーム」(定員12人)と、網棚やつり革なども配置して客席らしく仕上げた「KEIKYU車内体感ルーム」(定員4人)。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング