産経フォト

水上飛行機で山陰-山陽へ 観光プラン 瑞風コラボも

ニュース

水上飛行機で山陰-山陽へ 観光プラン 瑞風コラボも

更新 sty1708240003
 瀬戸内海を飛行する水上飛行機(Photo/Tetsuya Ito ©SETOUCHI SEAPLANES)  瀬戸内海を飛行する水上飛行機(Photo/Tetsuya Ito ©SETOUCHI SEAPLANES)
 水上飛行機の機内から見た島根半島 =7月
画像を拡大する
 水上飛行機の機内から見た島根半島 =7月フルスクリーンで見る 閉じる

 水上飛行機で瀬戸内海を飛び立ち、美しい島々を眺めながら山陰へ-。日本で唯一、水上飛行機の事業を展開する「せとうちSEAPLANES」(広島県尾道市)が、山陰と山陽を空路で結ぶ観光プランを検討している。豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」とのコラボも企画。新たな観光の目玉として地元も期待している。

 松江市の中海の中央から、7人を乗せた全長約10メートルの機体が水しぶきを上げて飛び立った。断崖に打ち付ける日本海の青さと山々の緑のコントラストが、間もなく目に飛び込んできた。機体は島根半島に沿って一周し再び中海へ。高度を落とし、水面を何度か軽くはねて着水した。

 7月、観光関係者向けに開かれた試乗会。参加したホテル経営者の武志俊太郎さん(54)は「思ったより揺れなかった。宿泊プランの一つとして取り入れても面白いかもしれない」と話す。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング