産経フォト

陸自音楽隊、観客を魅了 最大級の英軍楽祭、初参加

自衛隊・ミリタリー

陸自音楽隊、観客を魅了 最大級の英軍楽祭、初参加

更新 sty1708210004
 16日、軍楽隊の祭典「ロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥー」で観客を魅了した陸上自衛隊中央音楽隊=英北部エディンバラ(共同)  16日、軍楽隊の祭典「ロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥー」で観客を魅了した陸上自衛隊中央音楽隊=英北部エディンバラ(共同)
 17日、軍楽隊の祭典「ロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥー」に陸上自衛隊中央音楽隊が参加し、取材に応じる樋口孝博隊長(左)と松永美智子陸士長=英北部エディンバラ(共同)
画像を拡大する
 17日、軍楽隊の祭典「ロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥー」に陸上自衛隊中央音楽隊が参加し、取材に応じる樋口孝博隊長(左)と松永美智子陸士長=英北部エディンバラ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 4日から英北部エディンバラで開催されている世界最大級の軍楽隊の祭典「ロイヤル・エディンバラ・ミリタリー・タトゥー」に日本から陸上自衛隊中央音楽隊が参加し、レベルの高い演奏と統制の取れた動きで観客を魅了している。

 1950年に始まった歴史を誇る同軍楽祭に日本が参加するのは初めて。中央音楽隊長の樋口孝博1佐は「憧れの舞台に立つことができ、オリンピックに出たようなものだ」と話した。

 派遣されているのは52人。今年は陸自以外に米海軍やインド海軍などが参加。26日までに約22万人の入場者が予想されている。

 和太鼓やほら貝、甲冑を着けた隊員による殺陣など日本の伝統文化を盛り込んだ6分間のマーチング。赤い振り袖姿の「歌姫」、松永美智子・陸士長が澄んだ声でスコットランド民謡「アニー・ローリー」を披露すると、歓声が上がった。

 松永陸士長は千人以上による全体のフィナーレでも独唱し、大声援を浴びた。  (エディンバラ共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング