産経フォト

遺構校舎に明かりともす 仙台、大震災復興願い

東日本大震災

遺構校舎に明かりともす 仙台、大震災復興願い

更新 sty1708190012
 東日本大震災の震災遺構として一般公開されている仙台市若林区の旧市立荒浜小の教室に並べられた手作りの明かり=19日夕  東日本大震災の震災遺構として一般公開されている仙台市若林区の旧市立荒浜小の教室に並べられた手作りの明かり=19日夕
 東日本大震災の震災遺構として一般公開されている仙台市若林区の旧市立荒浜小の教室に並べられた手作りの明かり=19日夕
画像を拡大する
 東日本大震災の震災遺構として一般公開されている仙台市若林区の旧市立荒浜小の教室に並べられた手作りの明かり=19日夕フルスクリーンで見る 閉じる

 東日本大震災の津波で被災し、震災遺構として4月から一般公開されている仙台市若林区の旧市立荒浜小で19日、ちょうちんなどで校舎に明かりをともす催しがあり、地域住民らが更地になった小学校周辺の復興を祈った。

 地区の元住民らが地元の夏の風物詩として継続してきた灯籠流しに合わせて開催した。津波の犠牲者や先祖を追悼する灯籠約70個が近くの運河に流された後、校庭だった駐車場や教室には、ちょうちんや発光ダイオード(LED)を取り付けた貝殻などが飾られ、夕闇を彩った。

 震災遺構として一般公開されている仙台市若林区の旧市立荒浜小の教室に並べられた手作りの明かり=19日夕
画像を拡大する
 震災遺構として一般公開されている仙台市若林区の旧市立荒浜小の教室に並べられた手作りの明かり=19日夕フルスクリーンで見る 閉じる

 親子で訪れた若林区の主婦(35)は「子どもたちは津波の記憶が薄らいでいるので、こういうイベントを通じて震災を語り継ぐことができたらと思う」と話した。

 仙台市荒浜地区の運河で行われた灯籠流し=19日午後
画像を拡大する
 仙台市荒浜地区の運河で行われた灯籠流し=19日午後フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング