産経フォト

飯田線80年記念列車を運行 秘境駅へ、愛知で出発式

鉄道

飯田線80年記念列車を運行 秘境駅へ、愛知で出発式

更新 sty1708190006
記念列車「飯田線80周年秘境駅号」を撮影する鉄道ファンら=19日午前、JR豊橋駅 記念列車「飯田線80周年秘境駅号」を撮影する鉄道ファンら=19日午前、JR豊橋駅
「飯田線80周年秘境駅号」の出発式で、テープカットする関係者=19日午前、JR豊橋駅
画像を拡大する
「飯田線80周年秘境駅号」の出発式で、テープカットする関係者=19日午前、JR豊橋駅フルスクリーンで見る 閉じる

 JR東海は19日、豊橋(愛知県豊橋市)-辰野(長野県辰野町)を結ぶ飯田線が全線開通して80年になるのを前に記念列車「飯田線80周年秘境駅号」を運行、豊橋駅で出発式を開いた。
 式では同社東海鉄道事業本部の清水紀宏運輸営業部長が「多くの人に利用され感謝している。これからも飯田線の旅を楽しんでほしい」とあいさつした。
 特別なヘッドマークを施し飯田駅(長野県飯田市)まで走る記念列車は、1日当たりの乗客数が5人しかいない小和田駅(浜松市)など秘境駅に停車。20日も運行する。
 飯田線は1937年8月20日に全線開通した。天竜川沿いを走り、静岡県経由で約195キロを結ぶ。人里離れ、利用者が少ない秘境駅を通ることで人気がある。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング