産経フォト

【感彩写論 夏の華】海と空に一瞬咲いて きほく燈籠祭 三重・紀北町

自然・風景

【感彩写論 夏の華】海と空に一瞬咲いて きほく燈籠祭 三重・紀北町

更新 sty1708150002
きほく燈籠祭 彩色千輪 =7月22日、三重県紀北町(山田哲司撮影) きほく燈籠祭 彩色千輪 =7月22日、三重県紀北町(山田哲司撮影)

 8秒の幻影-。色とりどりの可憐(かれん)な花火が夜空を彩る「彩色千輪菊」。一瞬で命を終える“光のアート”が、凪(な)いだ海面に映り込み、その美しさを引き立てる。

きほく燈籠祭 =7月22日、三重県紀北町(山田哲司撮影)
画像を拡大する
きほく燈籠祭 =7月22日、三重県紀北町(山田哲司撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 三重県紀北町の「きほく燈籠祭」。カメラマンに人気の高い写真映えのする花火大会だ。

 会場から少し離れたリアス式の海岸線に陣取り、カメラをセットする。波が立たず水面が鏡のようになるロケーション。風もなく水鏡にはいいのだが、上空に煙が立ちこめ、打ち上げの間隔が長めになるのが少しもどかしい。

きほく燈籠祭 彩雲孔雀 彩色千輪 =7月22日、三重県紀北町(山田哲司撮影)
画像を拡大する
きほく燈籠祭 彩雲孔雀 彩色千輪 =7月22日、三重県紀北町(山田哲司撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 3000発と数は少ないが、複雑な湾の地形を利用した「彩雲孔雀(くじゃく)」は、ここでしか見られない仕掛け花火。孔雀が羽を広げたような姿に見とれてしまう。

 プログラムを参考にしながら、絵になるシーンを待つ。「シュッ・シュッ・シュー」という打ち上げ音がシャッターを切る合図だ。

きほく燈籠祭 彩雲孔雀 彩色千輪 =7月22日、三重県紀北町(山田哲司撮影、比較明合成)
画像を拡大する
きほく燈籠祭 彩雲孔雀 彩色千輪 =7月22日、三重県紀北町(山田哲司撮影、比較明合成)フルスクリーンで見る 閉じる

 孔雀が羽ばたき、カラフルな小菊が空と海を埋めつくす。夜空に浮かんだ花畑がはかない命を散らすと、海辺に静けさが戻ってきた。(写真報道局 山田哲司)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング