産経フォト

指導者称賛行事が開幕 北朝鮮、対立激化の中

ニュース

指導者称賛行事が開幕 北朝鮮、対立激化の中

更新 sty1708130010
平壌市内で国連安保理の制裁決議を非難した北朝鮮政府声明への支持を訴え行進する高校生ら=13日(共同) 平壌市内で国連安保理の制裁決議を非難した北朝鮮政府声明への支持を訴え行進する高校生ら=13日(共同)
平壌市内のホテルに張られた「白頭山偉人称賛国際祝典」のポスター=13日(共同)
画像を拡大する
平壌市内のホテルに張られた「白頭山偉人称賛国際祝典」のポスター=13日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【平壌共同】北朝鮮の歴代最高指導者の業績を称賛する国際行事「白頭山偉人称賛国際祝典」が13日、首都平壌などで始まった。17日までの日程。組織委員会によると、外国から北朝鮮の友好団体の関係者など約200人が参加した。
 朝鮮の米領グアム沖へのミサイル発射計画に対し、トランプ米大統領が軍事報復を示唆するなど米朝間の対立が激化する中、祝典は予定通り実施。開催は昨年10月に予告されていた。
 初日は参加者らが、故金日成主席と故金正日総書記の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿などを訪問した。14日は中朝国境にある白頭山で行事があり、15日に平壌でメインイベントとなる「白頭山偉人称賛大会」が開かれる。
 外国メディアには15日の大会だけ取材が許可され、他の行事は取材できない。理由は不明。
 一方、平壌市内では国連安全保障理事会の制裁決議を非難した北朝鮮政府声明への支持を訴えながら高校生が行進するなど、制裁に反発する動きも続いている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング