産経フォト

米南部、白人主義巡り衝突 車突入で1人死亡19人負傷

ニュース

米南部、白人主義巡り衝突 車突入で1人死亡19人負傷

更新 sty1708130003
米南部バージニア州シャーロッツビルで開かれた白人優位主義のグループの集会に車が突っ込んだ後、周囲を警戒する警察車両=12日(ゲッティ=共同) 米南部バージニア州シャーロッツビルで開かれた白人優位主義のグループの集会に車が突っ込んだ後、周囲を警戒する警察車両=12日(ゲッティ=共同)

【ニューヨーク共同】米南部バージニア州シャーロッツビルの路上で12日、白人優位主義や極端な右派思想を掲げるグループの集会があり、これに抗議する人々との間で激しい衝突が起きた。マコーリフ知事が非常事態を宣言し集会は打ち切られたが、反対派が集まっていた付近に車が突入し、米メディアによると1人が死亡、19人が負傷した。
 CNNテレビなどによると、車は猛スピードで群衆に突っ込んだ。その直後に現場を離れたが、運転者は身柄を拘束された。集会での衝突で、ほかに15人が負傷したとの報道もある。
 トランプ米大統領は12日午後に記者会見し「とてつもなくひどい憎悪、偏見、暴力を最も強い言葉で非難する」と強調した。妻メラニアさんもツイッターに「暴力で良い結果は生まれない」と投稿した。
 同州などでは黒人差別につながったとの反省から、南北戦争で奴隷制度を支持した当時の南部諸州を象徴するモニュメントなどを撤去する動きが続いており、白人優位主義者らは抗議するため集まった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング