産経フォト

松山英樹が暫定首位 ボギーなしの7バーディー 全米ゴルフ 通算8アンダー

スポーツ

松山英樹が暫定首位 ボギーなしの7バーディー 全米ゴルフ 通算8アンダー

更新 sty1708120006
 第2ラウンド、9番でティーショットを放つ松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)  第2ラウンド、9番でティーショットを放つ松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)
 第2ラウンド、14番でバーディーパットを決め、ギャラリーの声援に応える松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)
画像を拡大する
 第2ラウンド、14番でバーディーパットを決め、ギャラリーの声援に応える松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は11日、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で第2ラウンドが行われ、15位で出た松山英樹はボギーなしの7バーディーを奪って64の好スコアをマークし、ケビン・キズナー(米国)と並んで通算8アンダーの134で暫定首位に立った。
 雷雲接近の影響で中断を挟み、日没サスペンデッドとなった。通算6アンダーの暫定3位に2015年大会覇者のジェーソン・デー(オーストラリア)がつけた。
 谷原秀人は75と崩れて通算4オーバーで暫定61位、小平智は76で5オーバーの同70位。池田勇太は79で9オーバーの同106位となり、予選落ちが確実となった。

 第2ラウンド、8番でアプローチショットを放つ松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)
画像を拡大する
 第2ラウンド、8番でアプローチショットを放つ松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 第2ラウンド、16番で第2打を放つ谷原秀人=クウェイルホロー・クラブ(共同)
画像を拡大する
 第2ラウンド、16番で第2打を放つ谷原秀人=クウェイルホロー・クラブ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 第2ラウンド、8番でティーショットを放つ小平智=クウェイルホロー・クラブ(共同)
画像を拡大する
 第2ラウンド、8番でティーショットを放つ小平智=クウェイルホロー・クラブ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 第2ラウンド、バンカーショットを放つ池田勇太=クウェイルホロー・クラブ(共同)
画像を拡大する
 第2ラウンド、バンカーショットを放つ池田勇太=クウェイルホロー・クラブ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング