産経フォト

松山英樹は順調なスタート 首位と3打差「よく戻せたなと」 全米プロ

スポーツ

松山英樹は順調なスタート 首位と3打差「よく戻せたなと」 全米プロ

更新 sty1708110004
 第1ラウンド、9番でバーディーパットを決め、ガッツポーズする松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)  第1ラウンド、9番でバーディーパットを決め、ガッツポーズする松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)

 男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は10日、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で第1ラウンドが行われ、メジャー初優勝を狙う松山英樹は6バーディー、5ボギーの70で回り、首位と3打差の15位と順調なスタートを切った。

 第1ラウンド、8番でラインを読む松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)
画像を拡大する
 第1ラウンド、8番でラインを読む松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 谷原秀人と小平智は71で25位。池田勇太は72で、メジャー4大会全制覇が懸かるジョーダン・スピース(米国)、過去2度優勝のロリー・マキロイ(英国)とともに33位につけた。
 トービヨン・オルセン(デンマーク)とケビン・キズナー(米国)が67をマークしてトップに並んだ。1打差の3位に全米オープン選手権覇者のブルックス・ケプカ(米国)ら5人が続いた。

最後はおまけみたいな感じで

 松山英樹の話 前半の(インの)感じならもう少し伸ばしたかったが、後半の途中の感じだったらよく戻せたなと思う。あまり良くないショットが続いたが、7番でうまくバーディーが取れて、その後は流れが良かった(7番から3連続バーディー)。最後はおまけみたいな感じで入ってくれた。(共同)

 第1ラウンド、16番でティーショットを放つ松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)
画像を拡大する
 第1ラウンド、16番でティーショットを放つ松山英樹=クウェイルホロー・クラブ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 第1ラウンド、1バンカーショットを放つ谷原秀人=クウェイルホロー・クラブ(共同)
画像を拡大する
 第1ラウンド、1バンカーショットを放つ谷原秀人=クウェイルホロー・クラブ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 第1ラウンド、11番でティーショットを放つ小平智=クウェイルホロー・クラブ(共同)
画像を拡大する
 第1ラウンド、11番でティーショットを放つ小平智=クウェイルホロー・クラブ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 第1ラウンド、1番でパーパットを放つ池田勇太=クウェイルホロー・クラブ(共同)
画像を拡大する
 第1ラウンド、1番でパーパットを放つ池田勇太=クウェイルホロー・クラブ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング