産経フォト

オスプレイ22日参加で調整 北海道で日米訓練始まる

自衛隊・ミリタリー

オスプレイ22日参加で調整 北海道で日米訓練始まる

更新 sty1708100013
 日米共同訓練の開始式で掲げられた両国の国旗=10日午後、北海道大演習場  日米共同訓練の開始式で掲げられた両国の国旗=10日午後、北海道大演習場
 日米共同訓練の開始式で陸上自衛隊員(手前)と整列する米海兵隊員=10日午後、北海道大演習場
画像を拡大する
 日米共同訓練の開始式で陸上自衛隊員(手前)と整列する米海兵隊員=10日午後、北海道大演習場フルスクリーンで見る 閉じる

 陸上自衛隊と米海兵隊の共同訓練が10日午後、北海道大演習場(千歳市など)を中心に始まった。当初は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新型輸送機オスプレイ6機が初日から参加する予定だったが、オーストラリア沖での墜落事故を受けて反発が強まる中、見送られた。陸自北部方面総監部によると、22日の参加に向けて米側と調整している。
 北海道大演習場では10日午後5時ごろ、陸自側約250人と米海兵隊側約200人が整列し、訓練開始式が開かれた。
 陸自第11旅団長の竹本竜司陸将補は、事故で死亡した海兵隊員3人に哀悼の意を示し「万全の態勢を保持し、訓練を安全に実施したい」と訓示。海兵隊・第1海兵航空団司令官のトーマス・ワィドリー准将は「日本とわれわれの絆の強さを確認する」と述べた。

 日米共同訓練の開始式で訓示する陸上自衛隊の竹本竜司陸将補(右)と海兵隊のトーマス・ワィドリー准将=10日午後、北海道大演習場
画像を拡大する
 日米共同訓練の開始式で訓示する陸上自衛隊の竹本竜司陸将補(右)と海兵隊のトーマス・ワィドリー准将=10日午後、北海道大演習場フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング