産経フォト

防衛相「イージス艦によるミサイル迎撃は可能」 存立危機事態で集団的自衛権行使

ニュース

防衛相「イージス艦によるミサイル迎撃は可能」 存立危機事態で集団的自衛権行使

更新 sty1708100010
 衆院安全保障委の閉会中審査で答弁する小野寺防衛相=10日午前  衆院安全保障委の閉会中審査で答弁する小野寺防衛相=10日午前
 記者会見する菅官房長官=10日午前、首相官邸
画像を拡大する
 記者会見する菅官房長官=10日午前、首相官邸フルスクリーンで見る 閉じる

 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、北朝鮮による米領グアム周辺へのミサイル発射計画について挑発行為として批判するとともに「高度な警戒監視態勢を維持し、いかなる事態にも対応できるよう万全を期していきたい」と表明した。小野寺五典防衛相は衆院安全保障委員会で、北朝鮮がグアムに弾道ミサイルを発射した場合、集団的自衛権を行使できる存立危機事態の認定もあり得るとの認識を示した。

 小野寺氏は、米国の軍事拠点であるグアムがミサイル攻撃される事態に関し「日本の安全保障にとって米国の抑止力、打撃力の欠如は存立危機に当たる可能性がないとは言えない」と強調。その上で、海上自衛隊のイージス艦によるミサイル迎撃は可能と説明した。

 同時に「日本は防衛に関して『盾』の役割だ。しっかりした打撃力を持ち、抑止力を高めるのが米側の役割だ。この両方があって日本の抑止力が高まる」と言明した。
↓ 関連記事
【北朝鮮、グアム沖にミサイル4発 発射検討「火星12」】


【ミサイル防衛網で迎撃求める声も 米、外交努力優先は堅持】

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング