産経フォト

最大級のかさ形木製埴輪 大和政権と関連か、滋賀

遺跡・建造物

最大級のかさ形木製埴輪 大和政権と関連か、滋賀

更新 sty1707200014
 滋賀県栗東市の椿山古墳で見つかった、かさ形木製埴輪。手前と最奥の2点が国内最大級  滋賀県栗東市の椿山古墳で見つかった、かさ形木製埴輪。手前と最奥の2点が国内最大級
 滋賀県栗東市の椿山古墳で見つかった、国内最大級のかさ形木製埴輪
画像を拡大する
 滋賀県栗東市の椿山古墳で見つかった、国内最大級のかさ形木製埴輪フルスクリーンで見る 閉じる

 滋賀県栗東市にある前方後円墳「椿山古墳」(全長99メートル、古墳時代中期)で、長径75センチと国内最大級のかさ形木製埴輪が2点出土し、市教育委員会が20日発表した。陣がさに似た形で、周濠沿いに並べて古墳の周囲を飾っていたとみられ、誉田御廟山古墳(応神天皇陵、大阪府羽曳野市)の出土品に次ぐ大きさという。

 市教委によると、この埴輪は貴人にかざす傘を模したとみられる。大王クラス以外の古墳からこの大きさの埴輪が出てきた例はなく、被葬者の豪族が大和政権と深いつながりを持っていた可能性があるという。

 木製埴輪は周濠の底から6点出土し、いずれもコウヤマキという木材だった。中央部が盛り上がった楕円形で、それぞれ長径76センチ、短径64センチと長径75センチ、短径69センチ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング