産経フォト

フェデラー最多8度目V 「マジカルだ。夢のよう」

スポーツ

フェデラー最多8度目V 「マジカルだ。夢のよう」

更新 sty1707170004
8度目の優勝を果たし、カップにキスをするロジャー・フェデラー=ウィンブルドン(ロイター) 8度目の優勝を果たし、カップにキスをするロジャー・フェデラー=ウィンブルドン(ロイター)
男子シングルス決勝でマリン・チリッチを破って優勝したロジャー・フェデラー=ウィンブルドン(共同)
画像を拡大する
男子シングルス決勝でマリン・チリッチを破って優勝したロジャー・フェデラー=ウィンブルドン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【ウィンブルドン共同】テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権最終日は16日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス決勝で第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を6-3、6-1、6-4で退けて5年ぶり単独最多となる8度目の制覇を果たし、優勝賞金220万ポンド(約3億2400万円)を獲得した。
 四大大会で1月の全豪オープンに続く19個目のタイトルとなり、自らが持つ男子最多記録を更新した。
 35歳のフェデラーは切れのあるサーブを軸に1回戦からの計7試合で1セットも落とさず、1968年のオープン化以降で同種目の最年長優勝となった。
 初優勝を狙った28歳のチリッチはプレーに精彩を欠き、一度もブレークできなかった。

◇フェデラーの話 健康体だからこそトロフィーが取れた。素晴らしい気分。1セットも落とさずに優勝できたなんてマジカルだ。ここに戻って来られると信じていた。夢のよう。また来年、戻ってきてタイトルを守りたい。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング