産経フォト

世界パラ陸上第2日 和田が銅メダルを獲得

スポーツ

世界パラ陸上第2日 和田が銅メダルを獲得

更新 sty1707160006
 男子5000メートル(視覚障害T11)で銅メダルを獲得し、伴走者(右)と日の丸を掲げる和田伸也=ロンドン(共同)  男子5000メートル(視覚障害T11)で銅メダルを獲得し、伴走者(右)と日の丸を掲げる和田伸也=ロンドン(共同)
 女子200メートル(切断などT47)で26秒84の日本新記録で6位となった辻沙絵=ロンドン(共同)
画像を拡大する
 女子200メートル(切断などT47)で26秒84の日本新記録で6位となった辻沙絵=ロンドン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 パラ陸上の世界選手権第2日は15日、ロンドンで行われ、男子5000メートル(視覚障害T11)で和田伸也(賀茂川パートナーズ)が15分54秒29で3位に入り、銅メダルを獲得した。谷口真大(近畿パラ陸協)は6位だった。
 女子200メートル(切断などT47)の辻沙絵(日体大大学院)は26秒84の日本新記録で6位となり、女子200メートル(脳性まひT38)の高松佑圭(堺ファインズ)も29秒56で日本記録を更新して6位。
 女子やり投げ(切断などF46)決勝の加藤由希子(SMBC日興証券)は26メートル48で5位だった。(ロンドン共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング