産経フォト

世界パラ陸上第1日 やり投げ山崎が5位

スポーツ

世界パラ陸上第1日 やり投げ山崎が5位

更新 sty1707150003
 男子やり投げ(切断などF46)で5位に入った山崎晃裕=ロンドン(共同)  男子やり投げ(切断などF46)で5位に入った山崎晃裕=ロンドン(共同)
 男子100メートル(車いすT54)決勝 力走する生馬知季=ロンドン(共同)
画像を拡大する
 男子100メートル(車いすT54)決勝 力走する生馬知季=ロンドン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 パラ陸上の世界選手権は14日、ロンドンで開幕して第1日が行われ、男子やり投げ(切断などF46)決勝で山崎晃裕(関東パラ陸協)が53メートル55で5位に入った。男子100メートル(車いすT54)の生馬知季(WORLD-AC)は決勝を14秒86で走り8位。女子100メートル決勝(脳性まひT34=車いす使用)の北浦春香(アシックス)は20秒15で7位だった。

 女子200メートル予選(切断などT47)の辻沙絵(日体大大学院)は予選2組で27秒60の4着に入り、決勝に進出した。(ロンドン共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング