産経フォト

中国空母、初の一般公開 返還20年で香港市民に

自衛隊・ミリタリー

中国空母、初の一般公開 返還20年で香港市民に

更新 sty1707080012
 一般公開された中国の空母「遼寧」=8日、香港島(共同)  一般公開された中国の空母「遼寧」=8日、香港島(共同)
 一般公開された中国の空母「遼寧」の甲板の上で、記念撮影する人たち=8日、香港島(共同)
画像を拡大する
 一般公開された中国の空母「遼寧」の甲板の上で、記念撮影する人たち=8日、香港島(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 香港に寄港中の中国初の空母「遼寧」が8日、一般公開された。香港返還20年記念行事の一環で、遼寧の一般公開は中国本土も含めて初めて。香港への締め付けを強める中国に対する不満が高まる中、中国人としての愛国心を高めるのが狙い。

香港に寄港する中国の空母「遼寧」=7日(Hong Kong Government Information Service via AP)
画像を拡大する
香港に寄港する中国の空母「遼寧」=7日(Hong Kong Government Information Service via AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 一般公開は8、9の両日行われ、香港永住権を持つ市民や特定団体の関係者ら計3600人が対象。遼寧に搭載されている艦載機「殲15」なども公開された。

 参観者は香港島の港で厳しい安全検査を受け、船で遼寧まで移動。遼寧での写真撮影は当初、全面禁止とされたが、最終的に甲板上など決められた場所での携帯電話による撮影は許可された。

 中国の空母「遼寧」の見学後、購入した記念品を見せる香港市民=8日、香港島(共同)
画像を拡大する
 中国の空母「遼寧」の見学後、購入した記念品を見せる香港市民=8日、香港島(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 参観した郭金池さん(74)は「遼寧は大きかった。写真が撮れてよかった」と満面の笑み。(香港共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング