産経フォト

戦車が公道を走る! 陸自「長距離機動訓練」

自衛隊・ミリタリー

戦車が公道を走る! 陸自「長距離機動訓練」

更新 sty1706290004
千歳市内を走行する90式戦車=28日午後、千歳市(大山文兄撮影) 千歳市内を走行する90式戦車=28日午後、千歳市(大山文兄撮影)
一般車両に混じって信号で停車する90式戦車=28日深夜、苫小牧市 (大山文兄撮影)
画像を拡大する
一般車両に混じって信号で停車する90式戦車=28日深夜、苫小牧市 (大山文兄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 戦車が公道を走る-。陸上自衛隊北部方面隊第7師団が28日夜、戦車や装甲戦闘車など16両を公道で走らせる「長距離機動訓練」を実施した。東千歳駐屯地(千歳市)から苫小牧港までの30キロを自走、釧路から矢臼別演習場(別海町など)までの約60キロは一部を除きトレーラーで移動させた。公道で長距離を戦車が移動する訓練は全国的に珍しいという。
 走行したのは90式戦車4両、89式装甲戦闘車10両、戦車回収車2両の計16両と安全誘導のための小型車両約50両。自衛隊員総勢170人が参加した。
 自衛隊のOBや家族らで作る隊友会らが見送る中、午後9時、東千歳駐屯地をスタート。

一般道を約30キロ自走し、苫小牧港に到着した90式戦車=28日深夜、苫小牧市(大山文兄撮影)
画像を拡大する
一般道を約30キロ自走し、苫小牧港に到着した90式戦車=28日深夜、苫小牧市(大山文兄撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 戦車は一般道を走行するためにバックミラーを設置、振動や騒音を軽減するため走行ベルトにゴムのカバーをつけた戦車が一般道を時速10キロでゆっくり走ると、市民らが手を振っていた。コンビニエンスストア前では、親子連れが目を丸くして驚いていた。
 車両は苫小牧港から釧路までは陸自がチャーターした民間フェリーで運び、矢臼別演習場へは30日未明に到着予定。長距離機動訓練は、遠隔地にも迅速に移動できる防衛力の向上を目指しているという。(文・杉浦美香)

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング