産経フォト

【路上感撮】開かずの踏切 東京・北千住

自然・風景

【路上感撮】開かずの踏切 東京・北千住

更新 sty1706270001
立ち塞がる電車の壁 開かずの北千住一丁目踏切 (納冨康撮影) 立ち塞がる電車の壁 開かずの北千住一丁目踏切 (納冨康撮影)
立ち塞がる電車の壁 開かずの北千住一丁目踏切 足立区(納冨康撮影)
画像を拡大する
立ち塞がる電車の壁 開かずの北千住一丁目踏切 足立区(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 通過する電車が後を絶たない。北千住駅からほど近い北千住一丁目踏切(東京都足立区千住旭町)は遮断機が下りた状態が続く「開かずの踏切」として有名だ。

 北千住駅へ向かう東武スカイツリーライン、JR常磐線が地上を通過。その真上に東京メトロ日比谷線とつくばエクスプレスの高架がある。それぞれの上下線が入り乱れて通過すると、まるで電車の壁となる。朝、夕のラッシュ時には遮断機が10分以上も下りたままの状態になることもある。
 近くに住む女性(67)は、「踏切を避けて目的地に行きます」ときっぱり。今日も踏切の音は鳴り止まない。
(写真報道局 納冨康)

立ち塞がる電車の壁 開かずの北千住一丁目踏切 (納冨康撮影)
画像を拡大する
立ち塞がる電車の壁 開かずの北千住一丁目踏切 (納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

☆「路上感撮」全編は 【コチラから】

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング