産経フォト

コウノトリの性別判明 親が誤射死のひな、島根

生き物

コウノトリの性別判明 親が誤射死のひな、島根

更新 sty1706200017
 保護される前のひなと雄の親鳥=5月21日、島根県雲南市(同市教委提供)  保護される前のひなと雄の親鳥=5月21日、島根県雲南市(同市教委提供)

 島根県雲南市教育委員会は20日、雌の親鳥が5月にハンターの誤射で死んだことから、保護されたコウノトリ(国の特別天然記念物)のひなの性別は3羽が雄で、1羽が雌と判明したと発表した。

 島根県雲南市で確認された、保護されたひなの雄の親鳥=11日(雲南市教委提供)
画像を拡大する
 島根県雲南市で確認された、保護されたひなの雄の親鳥=11日(雲南市教委提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 保護し人工飼育している兵庫県立コウノトリの郷公園(同県豊岡市)が、血液からDNAを採取して解析した。

 放鳥時期は成長具合や天候を考慮し、文化庁や同公園などと協議して決める計画で、早ければ7月中旬にも雲南市で放鳥する方針。

 雲南市教委は、雄の親鳥の動向も発表。ひなが保護された後、同市を離れたが今月6日に同市に戻り、18日にも確認した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング