産経フォト

トランプ氏、残忍と非難 北朝鮮で昏睡の米学生死亡 中国旅行会社、ツアー中止

ニュース

トランプ氏、残忍と非難 北朝鮮で昏睡の米学生死亡 中国旅行会社、ツアー中止

更新 sty1706200012
 13日、航空機で米オハイオ州に到着し、搬送されるワームビア氏(左)(シンシナティ・エンクワイアラー提供・AP=共同)  13日、航空機で米オハイオ州に到着し、搬送されるワームビア氏(左)(シンシナティ・エンクワイアラー提供・AP=共同)

 北朝鮮に拘束されている間に昏睡状態に陥り、13日に解放された米国人大学生オットー・ワームビア氏(22)が19日午後、治療を受けていたシンシナティの病院で死亡した。ワームビア氏の家族が声明で明らかにした。

北朝鮮の平壌で記者会見するオットー・ワームビア氏=2016年2月29日(AP)
画像を拡大する
北朝鮮の平壌で記者会見するオットー・ワームビア氏=2016年2月29日(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 トランプ米大統領は声明で弔意を表するとともに「米国は北朝鮮の残忍さを改めて非難する」と強調。ティラーソン国務長官も「米国は北朝鮮にワームビア氏を不当拘束した責任を負わせる」と言明した上で「不法に拘束されている他の米国人3人の解放を要求する」と訴えた。


 家族は声明で「残念ながら、息子に対する北朝鮮のひどい扱いが、今日の悲しい結末をもたらした。息子は帰国後、話すことも見ることも言葉に反応することもなかった」などと訴えた。
 病院の担当者は15日の記者会見で、容体について「深刻な神経上の損傷を負っている」などと説明し、脳組織が広範囲にわたって壊死しているとの診断結果を公表していた。

中国旅行会社、米国人の北朝鮮ツアー中止

 オットー・ワームビア氏が参加した観光ツアーを催行した中国の旅行会社は20日、米国人向けの北朝鮮ツアーの催行を取りやめると発表した。ホームページに声明を掲載した。

15日、オットー・ワームビア氏の容体について記者会見する病院の担当者ら=シンシナティ(ロイター)
画像を拡大する
15日、オットー・ワームビア氏の容体について記者会見する病院の担当者ら=シンシナティ(ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 旅行会社は中国・西安に本社を置き、北朝鮮旅行を専門に取り扱う「ヤングパイオニアツアーズ」。声明によると、ワームビア氏の拘束後、北朝鮮側に何度も面会を要請したが拒否され、大丈夫だとの説明だけ受けていたという。
 同社は、ワームビア氏の死亡を受け「米国人旅行者の受け入れを再考することになった」と表明。「今や米国人が北朝鮮を旅行するリスクは高すぎる。今回のような悲劇が繰り返されてはならない」とツアー中止の理由を説明した。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング