産経フォト

夜通し出入り100箱搬出 しゃがみ込む籠池氏の妻

ニュース

夜通し出入り100箱搬出 しゃがみ込む籠池氏の妻

更新 sty1706200003
塚本幼稚園の家宅捜索を終え、段ボールを運び出す大阪地検の係官ら=20日午前6時07分、大阪市淀川区(彦野公太朗撮影) 塚本幼稚園の家宅捜索を終え、段ボールを運び出す大阪地検の係官ら=20日午前6時07分、大阪市淀川区(彦野公太朗撮影)
家宅捜査が深夜まで続く塚本幼稚園の前で捜査員が出るのを待つ報道陣ら=20日午前3時22分、大阪市淀川区(永田直也撮影)
画像を拡大する
家宅捜査が深夜まで続く塚本幼稚園の前で捜査員が出るのを待つ報道陣ら=20日午前3時22分、大阪市淀川区(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 夜通し出入りする係官、園庭の隅に積み上がる段ボール。19日午後7時すぎに始まった大阪地検特捜部による学校法人「森友学園」への家宅捜索は、20日早朝まで約11時間続いた。大阪市淀川区の学園事務所が入る塚本幼稚園からは約100箱を搬出。籠池泰典前理事長(64)の自宅前では、しゃがみ込んで係官に早く帰るように求める妻諄子氏の姿も見られた。

 20日午前6時ごろ、幼稚園に地検の係官が運転するトラックが到着。マジックで「日誌」などと書かれた段ボール箱が、次々と荷台に運び込まれた。

 捜索は大阪府豊中市の籠池氏の自宅でも未明にまで及んだ。「帰ってください。お願いしますから」。午前1時半ごろ、玄関先に出てきた諄子氏は係官にそう懇願していた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング