産経フォト

トランプ大統領、ローマ法王と初会談 「話してくれたことは忘れない」

ニュース

トランプ大統領、ローマ法王と初会談 「話してくれたことは忘れない」

更新 sty1705240014
 トランプ米大統領(右)と握手するローマ法王フランシスコ=24日、バチカン(AP)  トランプ米大統領(右)と握手するローマ法王フランシスコ=24日、バチカン(AP)

 【ブリュッセル=宮下日出男】初外遊中のトランプ米大統領は24日、ローマ法王フランシスコとバチカンで初めて会談した。トランプ氏と法王の間では移民や環境政策などをめぐって軋轢が生じていたが、会談が双方の関係改善につながるか注目される。

 ローマ法王フランシスコ(左)と会談するトランプ米大統領=24日、バチカン(AP)
画像を拡大する
 ローマ法王フランシスコ(左)と会談するトランプ米大統領=24日、バチカン(AP)フルスクリーンで見る 閉じる

 会談は同日朝、バチカン内の宮殿で約30分間行われた。AP通信によると、トランプ氏は冒頭に法王と握手を交わした上、「大変光栄です」とあいさつ。会談後の別れ際には「ありがとう。あなたが話してくれたことを忘れない」と伝えた。

 贈り物の交換では、法王が環境保護の重要性などを訴えた自身の文書や平和の象徴のオリーブをあしらったメダルを贈呈。「平和のために仕える」とトランプ氏は応えた。一方、トランプ氏は公民権運動指導者マーティン・ルーサー・キング牧師の著作を送った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング