産経フォト

回す玩具、米で流行 学校困惑、社会問題にも

ニュース

回す玩具、米で流行 学校困惑、社会問題にも

更新 sty1705190010
米国の小中学生の間で流行している玩具「フィジェット・スピナー」(共同) 米国の小中学生の間で流行している玩具「フィジェット・スピナー」(共同)
手の中で回転させて遊ぶ「フィジェット・スピナー」(共同)
画像を拡大する
手の中で回転させて遊ぶ「フィジェット・スピナー」(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【ニューヨーク共同】手の中で回転させて遊ぶ小さな玩具「フィジェット・スピナー」が、米国の小中学生の間で大流行している。学校に持って行く子どもが急増し、勉強に集中できないとして持ち込みを禁止する学校が出るなど社会問題にまでなりつつある。
 「フィジェット・スピナーで先生たちが困惑」。4日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルの1面に、こんな見出しの記事が掲載された。
 南部バージニア州の小学校教諭は、4月ごろからスピナーを学校で見かけるようになった。「最初はクラスの2~3人だったが、今では3分の1が持っている」といい、持ち込みを禁じた学校も紹介した。
 この玩具は中心部を親指と人さし指で挟み、外側の羽根のような部分を回して遊ぶ。値段は5~25ドル(約560~2800円)が中心だ。玩具店やドラッグストアなどで販売しているが、品薄の地域も少なくない。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング