産経フォト

民間無人機、連続飛行記録9時間1分を達成 チェコ

ニュース

民間無人機、連続飛行記録9時間1分を達成 チェコ

更新 sty1705180003
民間無人機の連続飛行記録を達成した、Primoco One 100。(REUTERS/David W Cerny) 民間無人機の連続飛行記録を達成した、Primoco One 100。(REUTERS/David W Cerny)
民間無人機の連続飛行記録を達成した、Primoco One 100。(REUTERS/David W Cerny)
画像を拡大する
民間無人機の連続飛行記録を達成した、Primoco One 100。(REUTERS/David W Cerny)フルスクリーンで見る 閉じる

 民間実用機として最大の無人機「Primoco One100」が民間無人機の世界最長連続飛行記録、9時間1分を5月初めのフライトで達成した。
 飛行はチェコ共和国プラハ近郊のボドホディ空港で行われた。
 機体を製造するチェコのPrimoco UAV社は2014年に開発を開始、2016に生産を始めた。

ボドホディ空港の滑走路に着陸したPrimoco One 100。(REUTERS/David W Cerny)
画像を拡大する
ボドホディ空港の滑走路に着陸したPrimoco One 100。(REUTERS/David W Cerny)フルスクリーンで見る 閉じる

 同機は航続距離と機体サイズから火山など危険地域の観測、災害地の捜索や人命救助などに活用が期待されている。
 同社ホームページによると「One100」は積載量20kg、地上コントロールからのレンジ200km、飛行可能距離1500km、滞空時間10時間、最高飛行高度2000m、飛行速度は100~150km毎時。ほかに積載量が50kgの「One150」も用意されている。

エンジニアにより整備中のPrimoco One 100。(REUTERS/David W Cerny)
画像を拡大する
エンジニアにより整備中のPrimoco One 100。(REUTERS/David W Cerny)フルスクリーンで見る 閉じる
The Primoco One 100, an unmanned aerial vehicle, flies over Vodochody Airport near Prague, Czech Republic, May 15, 2017. The primoco UAV, Czech producer of the largest civilian unmanned aerial vehicles, set a new record with its model One 100 flying for an uninterrupted 9:01 hours at the beginning of May. Picture taken May 15, 2017.   REUTERS/David W Cerny
画像を拡大する
The Primoco One 100, an unmanned aerial vehicle, flies over Vodochody Airport near Prague, Czech Republic, May 15, 2017. The primoco UAV, Czech producer of the largest civilian unmanned aerial vehicles, set a new record with its model One 100 flying for an uninterrupted 9:01 hours at the beginning of May. Picture taken May 15, 2017. REUTERS/David W Cernyフルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング