産経フォト

横浜に日本最大級の犬施設 老犬や障害がある犬もケア

生き物

横浜に日本最大級の犬施設 老犬や障害がある犬もケア

更新 sty1704200010
 「WANCOTT」の介護施設を利用する障害がある犬=20日午後、横浜市中区  「WANCOTT」の介護施設を利用する障害がある犬=20日午後、横浜市中区

 横浜市中区で犬専用の大型複合施設「WANCOTT」が23日にオープンするのを前に、広大なドッグランや犬の介護施設を完備した内部の様子が20日、報道陣に公開された。運営会社によると、屋内の犬向けペット施設としては日本最大級。

 「WANCOTT」のリハビリ設備=20日午後、横浜市中区
画像を拡大する
 「WANCOTT」のリハビリ設備=20日午後、横浜市中区フルスクリーンで見る 閉じる

 施設は延べ床面積約3300平方メートル。約600平方メートルの屋内ドッグランや106室のペットホテルを備え、水中で歩く練習ができるリハビリ設備なども用意されている。老犬や障害がある犬に対して獣医師がケアするスペースもある。

 「WANCOTT」のドッグランを走る犬=20日午後、横浜市中区
画像を拡大する
 「WANCOTT」のドッグランを走る犬=20日午後、横浜市中区フルスクリーンで見る 閉じる

 運営する広告代理業「シブヤテレビジョン」の秋元耕士社長は、同日開かれたセレモニーで「犬と飼い主に寄り添い、安心と喜びの場を提供したい」と強調。神奈川県の黒岩祐治知事は「県では犬猫の殺処分ゼロを達成している。ペットの命がより輝く施設になると思う」と述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング