産経フォト

日本勢、最新SUVで攻勢 中国市場、政治リスクも

自動車

日本勢、最新SUVで攻勢 中国市場、政治リスクも

更新 sty1704190016
 上海国際モーターショーで世界初公開されたホンダの主力SUV「CR-V」のハイブリッド車=19日(共同)  上海国際モーターショーで世界初公開されたホンダの主力SUV「CR-V」のハイブリッド車=19日(共同)

 19日に開幕した上海国際モーターショーで、日系各社はスポーツタイプ多目的車(SUV)を中心に新型車を公開し、日本車人気が再び高まっている中国市場で攻勢を強める姿を示した。一方、政治関係の悪化によって韓国車の販売が激減するなど、中国市場のリスクも改めて浮き彫りとなっている。

 上海国際モーターショーで公開されたマツダの小型SUV「CX-3」=19日(共同)
画像を拡大する
 上海国際モーターショーで公開されたマツダの小型SUV「CX-3」=19日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 ホンダは主力SUV「CR-V」のハイブリッド車を世界初公開。中国ではSUV市場が急拡大しており「将来的にはセダンの需要を超えるだろう」(ホンダ現地法人の水野泰秀社長)とみて、先進技術の導入で販売増を狙う。マツダも小型SUV「CX-3」を公開、各社は軒並みSUVを目玉に据えた。
 中国では今後、環境規制が強化される見通しで、各社はエコカーの現地開発も急いでいる。日産自動車の現地合弁会社の関潤総裁は、電気自動車(EV)の需要が急拡大するとみて「来年以降、さまざまなタイプのEVを積極的に投入していく」と明かした。(共同)

 上海国際モーターショーで世界初公開されたホンダの主力SUV「CR-V」のハイブリッド車(左)=19日(共同)
画像を拡大する
 上海国際モーターショーで世界初公開されたホンダの主力SUV「CR-V」のハイブリッド車(左)=19日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 上海国際モーターショーのマツダのブース=19日(共同)
画像を拡大する
 上海国際モーターショーのマツダのブース=19日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング