産経フォト

滋賀・高島で土砂崩れ

ニュース

滋賀・高島で土砂崩れ

更新 sty1704180004
桜の名所の海津で起きた土砂崩れ=18日午前、滋賀県高島市(本社ヘリから、安元雄太撮影) 桜の名所の海津で起きた土砂崩れ=18日午前、滋賀県高島市(本社ヘリから、安元雄太撮影)
桜の名所の海津で起きた土砂崩れ=18日午前、滋賀県高島市(本社ヘリから、安元雄太撮影)
画像を拡大する
桜の名所の海津で起きた土砂崩れ=18日午前、滋賀県高島市(本社ヘリから、安元雄太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 18日午前3時55分ごろ、滋賀県高島市海津の県道西浅井マキノ線で、「土砂崩れがあった」と通行人から110番があった。
 滋賀県警高島署から通報を受けて県高島土木事務所が調べたところ、大崎第4号隧道入り口付近で、のり面の高さ約15メートルの地点から約3メートルにわたり土砂が落下。落石防止柵が倒れて道路を約20メートル防ぎ、現場を含む約3キロが通行止めとなった。けが人はなかった。
 現場は中央線のない一車線。一帯はサクラの名所で春には多くの観光客が訪れるが、今年は開花のピークが過ぎており、県高島土木事務所は「大規模な混雑はないとみられる」としている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング