産経フォト

東京都心で桜開花 気象庁、全国で最も早く

ニュース

東京都心で桜開花 気象庁、全国で最も早く

更新 sty1703210005
靖国神社境内で開花した標本木の桜=21日午前、東京都千代田区(宮川浩和撮影) 靖国神社境内で開花した標本木の桜=21日午前、東京都千代田区(宮川浩和撮影)
靖国神社境内で開花した標本木の桜=21日午前、東京都千代田区(宮川浩和撮影)
画像を拡大する
靖国神社境内で開花した標本木の桜=21日午前、東京都千代田区(宮川浩和撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 気象庁は21日、東京都心で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より5日早く、昨年と同日。開花宣言は全国で最も早い。
 21日午前、千代田区の靖国神社境内にある標本木の花が5輪開いているのを、気象庁の職員が確認した。満開までは1週間から10日程度かかるという。
 民間気象会社の予想では、3月に入って全国的に冷え込む日が多かったが、18~20日の3連休は気温が高くつぼみの成長が進んだ。21日の東京都心は雨が降り冷え込んだが、20日夜までの暖かさで開花したとみられる。月末までに西日本や東海、関東で開花が進みそうだ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング