産経フォト

バレンティンが先制2ラン WBC準決勝

スポーツ

バレンティンが先制2ラン WBC準決勝

更新 sty1703210004
1回、オランダのバレンティンが先制2ランを放つ=ロサンゼルス(共同) 1回、オランダのバレンティンが先制2ランを放つ=ロサンゼルス(共同)
1回、先制2ランを放ったバレンティン(4)と喜ぶ三走ボガーツ=ロサンゼルス(共同)
画像を拡大する
1回、先制2ランを放ったバレンティン(4)と喜ぶ三走ボガーツ=ロサンゼルス(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 オランダのバレンティン(ヤクルト)が一回に2ランを放った。2死三塁から甘い速球を豪快に振り抜き、左翼席へ運ぶ。「ハードにプレーして、初回の初球から積極的に点を取りにいく」と話していた通りの一振りだった。2次リーグまでの6試合でいずれもチームトップの打率5割9分1厘、3本塁打、10打点を記録。シーズン60本塁打のプロ野球記録を持つ長距離砲は、大リーガーが居並ぶ打線でも目立つ存在だ。「WBCでプレーすることは母国オランダのためにプレーすること。それが大きな部分を占めている」と、大会への思い入れも強い。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング