産経フォト

【感彩写論】お地蔵様のほほ笑み 兵庫・宝塚市 PM4:16

自然・風景

【感彩写論】お地蔵様のほほ笑み 兵庫・宝塚市 PM4:16

更新 sty1703210001
中山寺のお地蔵様、なんとも慈悲深いお顔です=兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影) 中山寺のお地蔵様、なんとも慈悲深いお顔です=兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影)
中山寺のお地蔵様、なんとも慈悲深いお顔です=兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影)
画像を拡大する
中山寺のお地蔵様、なんとも慈悲深いお顔です=兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 聖徳太子が創建したという宝塚の中山寺。関西では安産のお寺として有名だが、実はわが国最初の観音霊場でもある。

 阪急中山観音駅のすぐ北にある山門をくぐると、なだらかな斜面が広がる。街中にありながらも、疲れた心を癒やしてくれる。パワースポットとはこんな場所なのかと思う。

 奥の院に続く約3キロの山道を歩いていると、そこかしこで石仏が見守ってくれている。優しい表情や風格が漂う顔、中にはどこかで見たような姿も…。そんな中、赤ん坊を抱くお地蔵様が目についた。

中山寺のお地蔵様、どのお顔もなんとも慈悲深い=兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影)
画像を拡大する
中山寺のお地蔵様、どのお顔もなんとも慈悲深い=兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 断られるはずもないのだが「写真を撮らせてください」とつぶやいて、上着のポケットからデジカメを取り出した。「コンデジ」と呼ばれるコンパクトデジタルカメラだが、なかなかの優れもの。画素は1200万を超え画質もよく、高価なデジタル一眼に引けをとらない写真に仕上がる。

 ズームレンズを望遠側に設定し、シャッターを押した。お地蔵様がそっとほほ笑みかけてくれた気がした。(写真報道局 岡本義彦) 

中山寺のお地蔵様、なんとも慈悲深いお顔です=兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影)
画像を拡大する
中山寺のお地蔵様、なんとも慈悲深いお顔です=兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
中山寺のお地蔵様、なんとも慈悲深いお顔です=兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影)
画像を拡大する
中山寺のお地蔵様、なんとも慈悲深いお顔です=兵庫県宝塚市(岡本義彦撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング