産経フォト

しらせ、シドニーに入港 久々の街並みに歓声

ニュース

しらせ、シドニーに入港 久々の街並みに歓声

更新 sty1703200010
南極観測船「しらせ」(手前)から見えるオーストラリア・シドニーの風景=20日(共同) 南極観測船「しらせ」(手前)から見えるオーストラリア・シドニーの風景=20日(共同)
オーストラリア・シドニーに入港する南極観測船「しらせ」(右)=20日(共同)
画像を拡大する
オーストラリア・シドニーに入港する南極観測船「しらせ」(右)=20日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【シドニー共同】南極・昭和基地での任務を終えた第58次南極観測隊の夏隊と第57次隊の越冬隊の計77人を乗せた観測船しらせが20日午前10時すぎ(日本時間同8時すぎ)、経由地のオーストラリア・シドニーに入港した。
 しらせは、観光名所のハーバーブリッジや世界遺産のオペラハウスなどを間近に見ながら進み、隊員らは久々に目にする街並みや森に、甲板から歓声を上げていた。1年以上に及ぶ南極生活を終えた越冬隊の医療担当、森川博久隊員(44)は「無事にここまで来られて本当によかった。久々に平らな道路を見て、不思議な気分です」と話していた。隊員らは23日に空路で帰国、しらせは4月10日に日本に到着する予定。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング