産経フォト

昼間に「道路走る新幹線」 全国初、日立と下松市

鉄道

昼間に「道路走る新幹線」 全国初、日立と下松市

更新 sty1703050013
大勢の人が待ち構える中、陸上輸送される英国向けの高速鉄道車両=5日午後、山口県下松市 大勢の人が待ち構える中、陸上輸送される英国向けの高速鉄道車両=5日午後、山口県下松市
大勢の人たちが見守る中、陸上輸送される英国向けの高速鉄道車両=5日午後、山口県下松市
画像を拡大する
大勢の人たちが見守る中、陸上輸送される英国向けの高速鉄道車両=5日午後、山口県下松市フルスクリーンで見る 閉じる

 新幹線の車両製造を手掛ける日立製作所笠戸事業所(山口県下松市)と同市は5日、英国向けの高速鉄道車両を工場から港まで大型トレーラーで陸上輸送する様子を公開した。下松市などによると、通常は深夜に行う車両輸送を日中に実施するのは全国初。「道路を走る新幹線」として観光資源化するのが狙い。午後2時半ごろ、通行止めとなった国道188号に、流線形で深緑色の先頭車両1台が姿を現した。作業員に導かれながら交差点をゆっくり曲がると、集まった約3万人から感嘆の声が漏れた。
 今回運ばれた「Class800」は、首都ロンドンと西部のウェールズなどを結ぶ路線を走る予定で、今月20日に徳山下松港を出港し、約2カ月かけて英国の港に到着する見通し。
 笠戸事業所では、北海道新幹線のH5系など新幹線を中心に鉄道車両を製造、出荷している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング